よくあるご質問

資格

組合員証を紛失したとき、または盗難にあったときどのような手続きをすればいいですか。

速やかに再発行の届出を行ってください。

組合員証の番号を変更したり、組合員証を使えなくすることはできません。盗難の場合は、組合員証を悪用される場合がありますので、警察に盗難届けをしてください。

関連ページ:組合員証について>組合員証・組合員被扶養者証に関する届出

基礎年金番号の通知書をなくしたときは、どうすればよいですか。

組合員、被扶養配偶者ご本人が最寄りの年金事務所で手続きを行ってください。

関連PDF:基礎年金番号通知書再交付申請書(共済用)記入例

被扶養者として認定を受けようとする場合の基準となる収入にはどのようなものが含まれますか。

扶養認定における収入とは所得税法上の所得額ではなく、認定を受けようとするときから将来に向かって恒常的に得ることが予測できる総収入です。

具体的には、給与収入(パート、アルバイトなど)、公的年金、雇用保険、傷病手当金、農林漁業・事業収入(事業収入等については、所得税法上認められている全ての経費が控除されるのではなく、共済組合が認める経費に限り控除した額)などです。(※法人の代表者(代表取締役等)となっている方については、年間所得にかかわらず、社会通念上、被扶養者の認定はできません。)

なお、退職手当金、不動産の譲渡所得等の一時的な収入は、これに該当しません。

組合員の年収は被扶養者の認定に関係がありますか。

組合員は被扶養者の主たる生計維持者であることから、組合員の年収は被扶養者の年収の2倍以上でなければ認定できません。(組合員の年収=給料月額×16ヶ月)

また、被扶養者の平均生計費が世帯平均生計費未満であることが要件です。

父母を被扶養者として認定してもらいたいのですが、収入の基準を教えてください。

被扶養者の認定基準(認定を受けようとする方の恒常的な収入が年間130万円未満、ただしその方が障害を支給事由とする公的年金受給者または60歳以上の公的年金受給者の場合は180万円未満)に加えて、夫婦の収入は夫婦相互扶助の観点から一体で判断しますので、次の収入基準も満たしていることが条件です。

(1)父母ともに60歳未満(障害を支給事由とする公的年金受給者を除く)及び60歳以上で公的年金受給者ではない場合
合計額が260万円(130万円+130万円)を超えると父母とも認定できません。

(2)父母のいずれかが障害を支給事由とする公的年金受給者、または60歳以上で公的年金受給者の場合
合計額が310万円(180万円+130万円)を超えると父母とも認定できません。

(3)父母ともに障害を支給事由とする公的年金受給者、または60歳以上で公的年金受給者の場合
合計額が360万円(180万円+180万円)を超えると父母とも認定できません。

被扶養者認定中に年金収入が発生(または増額)し認定限度額を超えました。いつの時点で被扶養者認定の取消しをすればいいですか。

年金額を知った日(年金証書、改定通知等の交付日)の翌月の1日をもって認定取消しとなります。

妻が退職後、被扶養者に認定されています。雇用保険を受給することになりましたが、被扶養者の認定を取り消さなければならないのですか。

雇用保険の失業給付金は、扶養認定上は所得として取扱います。

基本手当日額が3,612円(130万円÷360日)以上の場合は、扶養認定の限度額を超えることとなりますので、雇用保険の受給期間中は被扶養者に認定できません。
雇用保険の受給開始とともに速やかに取消しの手続きをしてください。

関連ページ:被扶養者について>扶養認定における収入の捉え方

大学卒業後、求職活動中の長女がアルバイトをすることになりましたが、被扶養者の取消しが必要でしょうか。

アルバイトであっても認定限度額を超える恒常的な収入がある場合は、被扶養者に認定できません。
認定基準は年額130万円未満、月額108,334円(130万円÷12ヶ月)未満です。

3ヶ月以上の収入は恒常的な収入とみなし、各月の収入が3ヶ月連続、または3ヶ月平均して108,334円以上となった場合は取消しの手続きが必要となります。

関連ページ:被扶養者について>扶養認定における収入の捉え方

妻が退職をしたため、被扶養者に認定してもらおうと「被扶養者申告書」を提出しましたが、忙しかったので1ヵ月以上たってしまっていました。退職した翌日からは認定出来ないと言われたのですが・・・。

被扶養者申告書は、扶養の事実が生じた日から30日を経過した後に届け出た場合は、その届出が受け付けられた日からの認定となります。したがって、扶養の申告をされる場合は、速やかに届出をしていただく必要があります。

関連ページ:被扶養者について>被扶養者の申告

被扶養者の認定について

現在、被扶養者認定中である妻は、1年前に保険の外交の仕事を始めましたが、結局1月も仕事をしないうちに辞めてしまいました。そのとき社会保険に一時的に加入していたようです。それ以降は無職無収入で年間収入は限度額(130万円)を超えていないため、扶養は取り消さなくてもいいのですか。

社会保険など健康保険組合に1日でも加入していた場合は、取消し手続きが必要です。

この例の場合は、保険に加入していたのが1年前ですので、加入した時点にさかのぼって取消しとなります。

社会保険の喪失以後は、現在まで無職無収入とのことですので、再度認定は可能と思われますが、事実の生じた日(社会保険の喪失日)から30日を経過しているので、所属所が届出を受け付けた日が再認定日となります。

また、社会保険喪失日から再認定日までは無保険となりますので、その間国民健康保険の加入手続きが必要になります。

送金等の確認ができる書類として認定申請時や既認定者の資格確認時にはどのような書類を提出すればよいですか。

銀行や郵便局の振込用紙(領収書)の写し、ATM等の振込み領収書等を提出してください。

送金等の確認書類について

両親が同一敷地内に居住していますが、同居の扱いでよいでしょうか。

扶養認定上の同居とは、「生計(住まい、食事、会計等)を同一にしていること」となっていますので、「同一敷地内の別々の住宅、二世帯住宅」は別居とみなします。

任意継続掛金を1年分一括納入し、途中で脱退したとき、掛金は返還されますか。

返還されます。任意継続組合員の資格喪失手続きを行う際は「任意継続組合員資格喪失申出書」をご提出ください。

ページの上に戻る

ホテルノースシティ契約宿泊施設一覧特定健康診査・特定保健指導 実施機関一覧旅と宿一般社団法人 日本ウオーキング協会
〒064-8645
札幌市中央区南9条西1丁目
ホテルノースシティ内
TEL 011-512-1541
FAX 011-531-9973