共済組合について

短期給付

退職したとき
退職後任意継続組合員となったとき

任意継続組合員の期間(最長2年間)は、在職中と同様の短期給付を受けることができます。 
ただし、傷病手当金・出産手当金・休業手当金及び育児休業・介護休業手当金は除きます。

資格喪失後の給付

(1)休業したとき(傷病手当金) 
1年以上組合員であった人が病気や負傷により休業し、傷病手当金を受けている間に退職したときは、その傷病に限り残りの期間、引続き傷病手当金を受けられます。(退職日まで報酬が支給されていたために未支給であった方は、退職日の翌日から受けることができます。)

(2)出産したとき(出産費) 
1年以上組合員であった人が退職後6ヶ月以内に出産したときは、出産費を受けられます。 

(3)死亡したとき(埋葬料) 
組合員が退職後3ヶ月以内に死亡したときは、埋葬料を受けられます。 
ただし、附加給付は除きます。

※退職後に他の組合の組合員または健康保険の被保険者になったときは支給されません。

 

≪交通事故等にあったとき給付請求手続きについて≫

ページの上に戻る