共済組合について

短期給付

災害にあったとき
災害により死亡したとき(弔慰金・家族弔慰金)

組合員とその被扶養者が風水害、地震、火災、崖崩れ、雪崩などの非常災害により死亡したとき(死亡の原因が社会通念上予測し難い不慮の事故の場合)は次の給付が受けられます。  

(1)組合員が死亡したとき
弔慰金=標準報酬月額×100/100

(2)被扶養者が死亡したとき
家族弔慰金=標準報酬月額×70/100

弔慰金請求書記入例 ]

火災や地震等で損害をうけたとき(災害見舞金)

組合員とその被扶養者の住居及び家財が火災又は風水害、地震等により損害を受けたとき、その損害の程度に応じて支給されます。

損害の程度 月数
1. 住居及び家財の全部が焼失し、又は滅失したとき
2. 住居及び家財に前号と同程度の損害を受けたとき
3月
1. 住居及び家財の1/2が焼失し、又は滅失したとき  
2. 住居及び家財に前号と同程度の損害を受けたとき  
3. 住居又は家財の全部が焼失し、又は滅失したとき  
4. 住居又は家財に前号と同程度の損害を受けたとき
2月
1. 住居及び家財の1/3以上が焼失し、又は滅失したとき  
2. 住居及び家財に前号と同程度の損害を受けたとき  
3. 住居又は家財の1/2以上が焼失し、又は滅失したとき  
4. 住居又は家財に前号と同程度の損害を受けたとき
1月
1. 住居又は家財の1/3以上が焼失し、又は滅失したとき
2. 住居又は家財に前号と同程度の損害を受けたとき
0.5月

・支給金額
標準報酬月額×月数(損害の程度に応じて0.5月から3月)

災害見舞金請求書記入例 ]

≪勤務を休んだとき交通事故等にあったとき≫

ページの上に戻る