共済組合について

短期給付

交通事故等にあったとき

組合員証等を使う場合の連絡

組合員とその被扶養者が交通事故やケンカに巻き込まれたとき等で、ケガをした場合に加害者がいるときは、他人(第三者)の行為が原因であるため、一般的には加害者がその損害を補償することになります。

しかし、治療優先であることから、このような場合であってもそのケガが公務外であるときは、組合員証等を使って治療することもできます。その場合は必ず所属所担当課を通じてすぐ共済組合へ連絡し、速やかに損害賠償申告書等を提出してください。

組合員証等を使った場合の示談など

組合員証等を使用して治療を受けたときは、被害を受けた組合員とその被扶養者に代わって、治療費やその他立て替えた費用について加害者に請求する権利(代位請求権)を共済組合が取得します。

しかし、被害を受けた組合員等が加害者と不利な示談をすると、共済組合はこれらの費用を加害者に請求することができなくなり、組合員自身に負担していただかなければならないことになりますので、組合員証等によって治療を受けたときの示談は、あらかじめ共済組合とよく相談のうえで進めてください。
※注意
自損事故等で同乗者がケガをした場合でも、運転者の加害行為による負傷にあたりますので、所属所担当課を通じて共済組合へ連絡してください。

損害賠償申告書記入例 ]

≪災害にあったとき退職したとき≫

ページの上に戻る